読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まじろ帖

日々のこと。

一握りの

日々は我慢と寛容と憎しみと一握りの愛で成り立っている。

同じものを食べ、同じ場所で呼吸をし、眠り、繰り返しつかうお箸、コップ、歯ブラシ、石鹸、カミソリ、耳掻き、爪切り、ボールペン、ファイル、印鑑、セーターやシャツや靴下。見たい番組、聴きたい音楽、出かけたい場所。帰ってくる場所。

一握りの愛は、これを捨ててしまえばもう何もかもが終わるよ、と常にささやく。しかも甘く。

日々は、私が眼を背けて生きるものばかりに囲まれている。

どうしたって勝てるわけなかったんだ。

 馬鹿だなぁ。

ユークが鍋を作ってくれた。

「おいしい日本酒と食べよう」

と冷蔵庫から日本酒を取り出す。

考えるとわからなくなるから考えない。

冷たいとろりとした液体を喉に流しこむ。

「おいしい」

懐かしい声をきいた気がした。