まじろ帖

日々のこと。

小さなバー

道の外れには立ち飲みバーがあり、夕食のお店でどうにも飲み足りなかった私は喜び勇んでその小さなバーのドアを押したのだった。

f:id:urimajiro_o:20160811081158j:plain