読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まじろ帖

日々のこと。

髪や指や

暑さと蝉の声に耳鳴りがするような午後、静かに錆びていくものを見つけて、時間が止まったかのような錯覚を覚える。

かっこいい花器だ。

f:id:urimajiro_o:20150817153301j:plain


パン屋さんで働き始めてから家に帰ると自分からパンの甘い匂いがするようになった。たぶん、髪や指や手首から。製造チームの人たちが体を動かしているのを見ると、その無駄のないあまりに綺麗な動きに驚いてしまう。